印刷 2019年11月05日デイリー版4面

4-9月期】日本航空、経常益13%減。事業費が下押し

 ◇日本航空 経常利益は前年同期比13%減の825億円。大型連休などで国内旅客が堅調となり売上高が1%増の7598億円。事業費などが利益を圧迫し営業利益は16%減の813億円。純利益は30%減の512億円。貨物郵便部門の売上高は9%減の451億円。国際貨物は米中貿易摩擦などの影響により、特に日本発需要が急減。取扱量は国際線が5%減、国内線が6%減と低迷した。旅客部門の売上高は国際線が1… 続きはログインしてください。

残り:149文字/全文:296文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む