印刷 2019年11月05日デイリー版4面

語録採録】川崎汽船執行役員・浅野裕史さん、燃料油価格、加重平均掛け試算

 2019年度下期の燃料油価格について、トン当たり531ドルと他船社より高値を予想した。その理由について「SOX(硫黄酸化物)規制が近づく中、月ごとのC重油と規制適合油の使用量を想定し、加重平均を掛け算出した。第3クオーター(10-12月)では規制は始まっていないのでC重油が多いが、第4クオーター(20年1-3月)で適合油の方が逆転し増える」と語る。規制への対応方針については、「順守し… 続きはログインしてください。

残り:120文字/全文:236文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む