印刷 2019年11月05日デイリー版4面

語録採録】商船三井経理部長・三谷亮司さん、ドライ・エネ輸送、市況堅調予想

 2019年度通期の業績予想で、ドライバルク、エネルギー輸送の両事業についてそれぞれ上方修正した。ドライ市況について「ケープは一時3万ドルに達した。毎年第4クオーター(1-3月)で下落するが、荷動きは堅調だろう。スクラバー(排ガス浄化装置)搭載で稼働数も減り、船腹供給減も予想される」と分析。原油船市況は「OPEC(石油輸出国機構)の減産継続、シェールオイルの遠距離トレード増加で、トンマ… 続きはログインしてください。

残り:117文字/全文:229文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む