印刷 2019年11月05日別版特集11面

アジア物流特集】境港、航路・施設さらに充実。西日本の日本海側拠点港、新貨客船ターミナル来春供用

 鳥取・島根両県にまたがる境港は、西日本の日本海側拠点港としてアジア域内と結ぶ多様な国際物流サービスを提供する。国際定期航路はコンテナ航路が韓国航路週4便(高麗海運、興亜海運、長錦商船)に中国航路が週1便(神原汽船)、これに今春新設された韓・中航路週1便(高麗海運・南星海運)を加えた計6便のフルコンテナサービスを有する。さらに同港ならではの特色ある航路として、韓国・東海、ロシア・ウラジオストクとの… 続きはログインしてください。

残り:545文字/全文:739文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む