印刷 2019年11月01日デイリー版4面

記者の視点】山田智史:北極海航路、アジア-欧州間の第二の選択肢へ

 10月初めに北海道の苫小牧港を訪問する機会があった。北極海航路を利用した欧州から日本へのコンテナ輸送のトライアルを取材するためだ。同トライアルの海上輸送は、中国の海運大手COSCOシッピンググループの中遠海運特殊運輸(COSCOシッピングスペシャライズドキャリアーズ)が運航する多目的貨物船「TIAN EN」が担った。低気圧や前線の影響で訪問前日の苫小牧は雨風ともに強く、本船の寄港が危… 続きはログインしてください。

残り:1136文字/全文:1328文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む