印刷 2019年11月01日デイリー版2面

4-9月期決算】内海造船、営業益46%減1.6億円。フェリー2隻追加受注

 内海造船の2019年4-9月期連結決算は、営業利益が前年同期比46%減の1億6400万円だった。国内向けフェリーの新造需要がモーダルシフトなどを追い風に底堅く推移したが、船価回復の遅れや資機材価格の上昇が収益を圧迫した。期間中に新造フェリー3隻を成約。うち2隻を7-9月期に受注した。売上高は27%増の157億円で、このうち改修船工事を含む船舶事業が28%増の154億円となった。経常利益は6… 続きはログインしてください。

残り:318文字/全文:515文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む