印刷 2019年10月30日デイリー版3面

ANA、成田-シカゴに大型貨物機

 全日本空輸(ANA)は29日、大型貨物機B777F(搭載重量102トン、写真)による成田-シカゴ線の運航を開始した。自社フレーター(貨物専用機)による同路線の運航は2009年以来、およそ10年ぶり。電子機器、衣類、自動車部品、完成車などを搭載し、満載で飛び立った。初便出発前に成田で開かれた就航式では、ANAカーゴの中井尚・取締役成田ウェアハウスオペレーションセンター長が「(シカゴ線で)念願の自社… 続きはログインしてください。

残り:414文字/全文:606文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む