印刷 2019年10月29日デイリー版3面

NCA、冬期、路線ネットワーク変更。定時性改善、運航品質向上へ

 日本貨物航空(NCA)は冬期スケジュール(2019年10月27日-20年3月28日)から路線ネットワークを一部変更する。米国線で貨物専用機の機材大型化を実施したほか、アジア線で上海・浦東-シカゴ線を新設し27日からサービスを開始。欧州線では運航効率の最適化を目的に、12月下旬からフランクフルト・ハーン発着便を休止する。同社では機材配置の最適化、運航経路の見直し、総飛行時間の運航効率化を通じ、機材… 続きはログインしてください。

残り:869文字/全文:1065文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む