新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年10月18日デイリー版1面

インタビュー シップブローカーの視点】ジャパンシッピングサービス営業部・藤井一郎氏。船主のLNG船保有を支持

 長期用船、新造船、中古船売買など各種契約の仲介業務を手掛けるシップブローカーのジャパンシッピングサービス(東京都港区)。営業部の藤井一郎氏は邦船オペレーター(運航船社)の新造案件が滞る中で、国内船主がLNG(液化天然ガス)船の保有に乗り出す動きについて、「船舶管理などの競争力、融資が得られるかどうかといった信用力を備えている証左だ。そういった船主がLNG船に乗り出すのは良い手だと思う」との認識を… 続きはログインしてください。

残り:1737文字/全文:1931文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む