新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年10月18日デイリー版2面

現代重工、大型輸送艦の設計事業受注。戦闘機搭載へ研究

 韓国造船最大手の現代重工業は16日、同国海軍からSTOVL(短距離離陸・垂直着陸)タイプの戦闘機を運用可能な大型輸送艦の実現に向けた概念設計技術の研究事業を受注したと発表した。納期は2020年後半。同社は今月中にも概念設計に着手する。韓国海軍は「国防中期計画」に基づき、多目的大型輸送艦を国内で建造する「大型輸送艦-II(LPX-II)」計画を進めている。同艦は07年に就役した「独島」… 続きはログインしてください。

残り:301文字/全文:491文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む