新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年10月16日デイリー版3面

成田空港、医薬輸送品質向上で連携。CEIVファーマ認証取得めざす。全日空など9社と

 成田空港を運営する成田国際空港会社(NAA)は15日、IATA(国際航空運送協会)が進める医薬品航空輸送認証制度「CEIVファーマ」の認証取得を目指し、関係事業者と連携しコミュニティーを形成したと発表した。参加企業は全日本空輸、日本貨物航空、国際空港上屋、JALカーゴサービス、日本通運、阪急阪神エクスプレス、日立物流バンテックフォワーディング、郵船ロジスティクス、大隅物流の9社。同認証取得に向け… 続きはログインしてください。

残り:491文字/全文:687文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む