シップオーナーズ・フォーラム2019
新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年10月10日デイリー版2面

大宇、1―9月受注35%減。9月の成約ゼロ

 韓国造船大手の大宇造船海洋が8日発表した1-9月の受注高は、30億ドルと前年同期比35%減に落ち込んだ。一般商船の成約はLNG(液化天然ガス)船とVLCC(大型原油タンカー)の2船種に集中。9月単月の受注はゼロだった。大宇は2019年の受注目標を84億ドルに設定しており、達成率は35%にとどまっている。期間中の成約隻数は18隻減の17隻だった。船種別内訳は、VLCC7隻、LNG船7隻、潜水… 続きはログインしてください。

残り:278文字/全文:471文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む