シップオーナーズ・フォーラム2019
新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年10月09日デイリー版2面

NYKドライ事業改革 不定期船グループの挑戦】(下):FFA駆使、リスク管理高度化

 ■C9航路に照準 ケープサイズの収益を高める上では、市況高騰時に高値成約が出やすい「フロントホール」(大西洋積み-太平洋揚げ)貨物が鍵を握る。特にフロントホールの中で最もレートが高くなるのがC9(欧州積み-極東揚げ)航路だ。例えば、9月初めのマーケット上昇局面でC9航路は日建て6万ドル強を記録し、太平洋ラウンドの1・9倍の高値を付けた。C9の好機を捉えるためには、大西洋域内で船を… 続きはログインしてください。

残り:1658文字/全文:1846文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む