シップオーナーズ・フォーラム2019
新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年10月08日デイリー版3面

石狩湾新港、クレーン復旧11月末目標。コンテナ船接触事故。管理組合見通し

 北海道の石狩湾新港でコンテナ荷役用のガントリークレーンがコンテナ船の接触事故で損傷・使用不能になっている問題で、港湾管理者の石狩湾新港管理組合は4日、11月末の荷役再開を目指し復旧を進めていくとの見通しを公表した。北海道では苫小牧港に次ぐ物量を有する同港のコンテナ取り扱い機能は、9月25日の事故発生から約2カ月にわたり停止することになる。事故は、コンテナを取り扱う花畔埠頭1号岸壁に接岸作業… 続きはログインしてください。

残り:526文字/全文:723文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む