印刷 2019年09月26日デイリー版3面

横浜港運協会藤木会長、補正予算可決で決意。「体を張ってIR阻止」

 横浜港運協会の藤木幸夫会長(横浜港ハーバーリゾート協会会長)は25日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致に向けた調査費を盛り込んだ横浜市の補正予算が20日市議会で可決・成立したことを受け、「市民の70-90%が反対する中での強行採決は、民主主義の崩壊を見ているようで残念。民意の確認無しに進んでいくことは社会的と言えるのか。市会議員全員が地元の意見を聞いて判断してほしかった」などとする声明… 続きはログインしてください。

残り:413文字/全文:609文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む