印刷 2019年09月26日デイリー版2面

三井E&S、Gクレーン4基納入。インドネシア港湾向け

 三井E&Sマシナリーは25日、インドネシア北スマトラ州ブラワン港のコンテナターミナル(CT)フェーズII向けに、同国港湾会社プリマ・ターミナル・ペティケマス(PTP)から昨年5月に受注した岸壁用ガントリークレーン「三井パセコポーテーナ」4基を現地岸壁で荷降ろししたと発表した。今後の調整を経て、11月初旬に引き渡しを完了する予定。今回の4基は、第1国営港湾運営会社(ペリンド1)子会社のPTP… 続きはログインしてください。

残り:218文字/全文:409文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む