印刷 2019年09月26日デイリー版2面

神戸製鋼G、品質問題で再発防止策を継続。機械系、舶用にも注力

 神戸製鋼所は24日、東京都内で「神戸製鋼グループマスコミ懇親会」を開いた。山口貢社長は、アルミ・銅製品の一部で、顧客との間で取り交わした仕様に適合しない製品を、データ書き換えなどで適合しているものとして出荷していた問題に言及。「社長就任後、安全性の検証、再発防止策を実行しており、おおむね順調にいっている。再発防止活動にはゴールがなく、これを継続することが大事」と語った。社長あいさつの後、事… 続きはログインしてください。

残り:252文字/全文:449文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む