印刷 2019年09月26日デイリー版1面

IMO2020 SOx規制】近海船社・鉄鋼メーカー、低硫黄MGO採用。鋼材運賃BAF、安定運航・環境重視

 近海船各社が交渉していた2019年度下期または10-12月期対象の日本積み-アジア揚げ鋼材運賃のBAF(燃料油割増金)は、主要鉄鋼メーカー向けで直近の低硫黄MGO(マリンガスオイル)平均価格を基準とする内容で決着した。20年1月開始のSOX(硫黄酸化物)規制に伴う燃料転換が今秋から始まることを考慮し、BAFの基準油種を従来の高硫黄C重油から変更。環境負荷が低く、品質の安定している低硫黄MGOを採… 続きはログインしてください。

残り:1260文字/全文:1454文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む