シップオーナーズ・フォーラム2019
新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年09月13日デイリー版2面

三井E&Sマシナリー/NOX対応エンジン拡大。生産予想20年81基

 三井E&Sマシナリーは12日、玉野機械工場(岡山県玉野市)で製造するNOX(窒素酸化物)3次規制(ティア3)に対応した三井-MAN・B&W型ディーゼルエンジンの生産量が、2020年度には81基まで拡大するとした予想を発表した。IMO(国際海事機関)は、船舶から排出されるNOXを特定海域では00年比80%削減することを求めている。三井E&Sマシナリーは工場内に設置した世界最大級のテスト用ディ… 続きはログインしてください。

残り:434文字/全文:623文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む