2019 日本コンテナ航路一覧
 印刷 2019年09月10日デイリー版2面

CMA―CGM/4―6月期:調整後EBITDA4倍。IFRS効果、最終赤字は拡大

 仏船社CMA-CGMが6日発表した2019年4-6月期決算は、調整後EBITDA(金利・税引き・償却前利益)が前年同期に比べて4・4倍の9億5400万ドルとなった。国際新会計基準の新バージョン「IFRS16」の適用に加え、CEVAロジスティクスとの買収効果が大幅増益を支えた。最終損益は1億900万ドルの赤字となり、直近の1-3月期の赤字額4300万ドルから大幅に悪化した。売上高は35%増の… 続きはログインしてください。

残り:631文字/全文:826文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む