2019 日本コンテナ航路一覧
 印刷 2019年09月10日デイリー版3面

日通/8月輸出重量40%減。アジア向けが低迷

 日本通運が9日発表した8月の日本発着航空貨物取り扱い実績は、輸出重量が前年同月比40%減の1万6043トンと8カ月連続で減少した。けん引役のアジアが3割弱のマイナスと低迷。米州、欧州も前年を大きく下回った。方面別の輸出重量は、TC1が5割弱のマイナス、TC2が5割減、TC3が3割弱の減少。TC1の減少は7カ月連続。前年同月にあった自動車関連のスポット出荷の反動減で米中西部が6割減だっ… 続きはログインしてください。

残り:356文字/全文:550文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む