MOLwebinar0702_1
 印刷 2019年08月22日デイリー版2面

内航輸送組合/鉄鋼製品・半製品支配下船、横ばい。3月末現在、349隻・53万9800重量トン

 全国内航輸送海運組合(内輸組合)の鉄鋼船委員会がまとめた内航鉄鋼輸送の実態調査によると、高炉系メーカー5社の製品・半製品輸送に使われる支配下船腹量は2019年3月末現在、349隻・53万9800重量トンだった。前回調査(18年9月末時点)に比べ2隻減り、重量ベースでは550重量トン増とほぼ同水準。27年前の1992年4月に比べると隻数は約半減、重量は約3分の2に減少しているが、近年は50万重量ト… 続きはログインしてください。

残り:749文字/全文:945文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む