印刷 2019年08月15日デイリー版1面

郵船グループ/インドネシア事業拡大。自動車船拡充、倉庫増床も検討。「顧客支援へ総合力」

 日本郵船グループがインドネシアでの事業展開を強化している。同国発着の自動車船や在来船による充実した輸送サービスに加えて、同国国内の自動車船サービスも拡充。パティンバン港の開発に伴う顧客ニーズの変化をにらみ、ジャカルタ東部のカラワン地区での倉庫の増床なども検討している。「郵船グループの総合力を発揮し、顧客の事業展開を支援していく」(NYKラインインドネシアの坪井歩社長)考えだ。日本郵船グルー… 続きはログインしてください。

残り:1625文字/全文:1820文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む