印刷 2019年08月14日デイリー版1面

CMB/水素燃料船の開発加速。二元燃料フェリー、ツネイシC&Fで建造。21年竣工、日本航路に投入

 ベルギー海運大手CMBグループが水素燃料船の開発を加速している。世界初となる水素・重油二元燃料の小型フェリーの建造を決定。常石グループのツネイシクラフト&ファシリティーズ(ツネイシC&F)で建造、2021年竣工予定で日本航路に投入する。また、水素燃料の中速エンジン開発の合弁会社新設と、英国の水素燃料エンジン開発会社の海運部門買収も表明。環境負荷低減に寄与する新技術の普及に向け「起爆剤の役割を担う… 続きはログインしてください。

残り:1410文字/全文:1608文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む