2019 日本コンテナ航路一覧
電子版6つのNEW top01
 印刷 2019年08月14日デイリー版2面

ユーロナブ/4-6月期:純損失3855万ドルに。製油所の長期定修響く

 ベルギーの原油タンカー大手ユーロナブの2019年4-6月期決算は、純損益が3855万ドルの赤字となった。前年同期は1251万ドルの赤字。20年の船舶SOX(硫黄酸化物)規制を前にした各国の製油所の長期メンテナンスが響き、VLCC(大型原油タンカー)市況が低迷した。

 売上高は前年同期比62%増の1億6934万ドル。運航船隊はVLCC44隻、スエズマックス25隻、FSO(浮体式原油貯蔵・積み出し設備)2基となっている。

 セグメント別の純損益はタンカーが4230万ドルの赤字、FSOが374万ドルの黒字だった。

 期中のスポット用船料収入はVLCCが日建て2万3218ドル(前年同期は1万6751ドル)、スエズマックスが1万7217ドル(同1万2883ドル)。

 ユーロナブはタンカー市況見通しについて、第4四半期(10-12月)の回復への期待感を強調。20年のSOX規制開始を前に製油所の稼働率上昇が見込まれるほか、米国の原油輸出のインフラ面のボトルネック解消、スクラバー(排ガス浄化装置)搭載工事によるタンカー稼働率低下を好材料に挙げている。