印刷 2019年08月14日デイリー版3面

主要港運6社/4―6月期、4社減収。景況変化を反映

 主要港運6社(山九、上組、日新、宇徳、名港海運、伊勢湾海運)の2019年4-6月連結業績は、全社が増収だった前年同期から一転、4社が減収となった。米中貿易問題やこれまで底堅く推移してきた国内景況の変化など不透明感が増す中で、各社の業績にも影響が出始めた形。本業のもうけを示す営業利益も、人手不足による人件費や外注費などの増加などもあり、4社が減益となった。純利益は5社が減益となっている。通期業績予… 続きはログインしてください。

残り:456文字/全文:654文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む