印刷 2019年08月14日デイリー版3面

タカセ/4―6月期:経常益2.1倍。作業効率化が寄与

 ◇タカセ 経常利益は前年同期2・1倍の8500万円。業務改善による作業の効率化により営業利益が7800万円と倍増したのが寄与した。純利益は75%増の6400万円。メディア関連業務に関わる国内物流業務取り扱い、輸出貨物取り扱いの減少で売上高は4%減の19億円だった。セグメント別では、総合物流事業が3%減収、営業総利益が26%増の3億600万円。メディア関連業務の不振で減収となったが、営業原価… 続きはログインしてください。

残り:160文字/全文:318文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む