印刷 2019年08月13日デイリー版3面

五輪・混雑対策/長期蔵置コンテナが焦点。東京都・国交省、連絡協議会で双方確認

 東京都と国土交通省が8日開催した、東京五輪に向けた円滑な港湾物流の確保について検討する連絡協議会では、東京港混雑の主要因となっている長期蔵置コンテナへの対応が必要との認識を両者で確認した。コンテナターミナル(CT)、オフドックバンプールの早朝・夜間ゲートオープン時間拡大や、ストックヤード(オンシャーシコンテナの一時留置場)の増設とともに、実効性を有する対策の一つとして認識された形だ。同港で… 続きはログインしてください。

残り:239文字/全文:432文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む