印刷 2019年08月13日デイリー版2面

潮冷熱/耐火性発泡スチロール発売。東京パラ、練習プールに採用

 舶用空調システムなどを手掛ける潮冷熱(本社・愛媛県今治市)が、建築部材などで活用できる燃えない発泡スチロール(超難燃性軽量発泡新素材)「カルック」の販売に乗り出した。7月に研究開発や製造販売を担う新会社「ウシオマテックス」を設立。既に2020年東京パラリンピックの練習用プールに指定されている東京都障害者総合スポーツセンター(北区)の天井材に採用されており、将来的には船舶の内装への応用も視野に入れ… 続きはログインしてください。

残り:552文字/全文:746文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む