2019 日本コンテナ航路一覧
電子版6つのNEW top01
 印刷 2019年08月09日デイリー版2面

現代商船/北米・印航路、振り子化。西航での香港を抜港へ

 韓国の現代商船は8月下旬から、アジア-北米西岸南部(PSW)航路PS2と、極東-インド航路CIXを統合し、振り子配船のPS2-CIXに改編する。これに伴い、西航での香港を抜港する。

 PS2-CIXは6700TEU型コンテナ船13隻で運航する。

 新ローテーションは、釜山(木・土)▽光陽(土・日)▽寧波(火・水)▽高雄(金・土)▽蛇口(日・月)▽シンガポール(金・土)▽ポートクラン(土・日)▽ナバシェバ(日・火)▽ムンドラ(水・木)▽カラチ(金・日)▽シンガポール(水・金)▽レムチャバン(月・水)▽カイメップ(木・金)▽高雄(月・火)▽釜山(木)▽ロングビーチ(水・土)▽オークランド(日・火)▽釜山。

 日本発着貨物は、日韓専用フィーダーJF1により、釜山で同サービスに接続する。

 現代商船は5月、アジア発着の北米西岸北部(PNW)航路PN2と欧州航路AEXを統合し、AEX-PN2に改編。振り子配船による航路合理化を進めている。