印刷 2019年08月06日デイリー版4面

語録採録】日本航空執行役員貨物郵便本部長・岩越宏雄さん/「体震えるほどうれしかった」

 「1986年に日本航空に入社して、33年間ずっと貨物。久しぶりにジャンボ機(大型フレーター)を見た時は体が震えるほどうれしかった」 日本航空は1日、米カリッタ航空と成田―シカゴ間でコードシェアによる定期貨物便の運航を開始した。日本航空の定期貨物便は同社がフレーター事業から撤退した2010年10月以来、およそ9年ぶり。「(航空貨物は)昨年の秋口から日本発の需要が弱くなっているが、中長期的… 続きはログインしてください。

残り:114文字/全文:225文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む