印刷 2019年08月05日デイリー版4面

記者の視点】梶原幸絵:物流危機を乗り越える/五輪機に抜本的改革を

 2020年東京五輪・パラリンピックまでいよいよあと1年。インドア派の自分でも、個人的には4年に一度の世界的なイベントに立ち会える幸運に感謝したいが、生活への影響も懸念されるところ。大会期間中は観客、大会関係者、大会関係車両が首都圏に流入する。試しに都が公表している道路や鉄道の混雑予測を見てみると、何も手を打たなければ通勤の苦痛が増すこと必至の見通しだ。何よりも、社会・経済のインフラである物流への… 続きはログインしてください。

残り:1089文字/全文:1289文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む