新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年08月05日デイリー版2面

国内船主の今】(177):市況上昇、邦船痛し痒し/造船業、水割り作戦の是非

 1日。酷暑が続く東京都心。気温が35度に達する中、造船の営業マンが汗を流しながらつぶやいた。「水割り作戦は最終手段。しかし、現状ではそれすら使うことはできない」 ■そもそも高価船なし 水割り作戦。2008年のリーマン・ショック前の海運好況期に海運大手がたびたび使った手法だ。不定期船営業マンが話す。「08年前半時点のピーク時のケープサイズの新造船価格は1隻当たり100億円… 続きはログインしてください。

残り:1242文字/全文:1429文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む