印刷 2019年07月29日デイリー版1面

今治造船・檜垣社長/LNG船、受注様子見。韓国「利益出ていると思えない」

 今治造船の檜垣幸人社長は26日、東京都内で記者会見し、中東カタールを中心に大量発注案件が出ているLNG(液化天然ガス)船の受注方針について触れ、「今は様子見」と語った。韓国造船が安値受注する現状では、採算確保などの観点で難しいと説明。公的支援を受けている韓国造船に関しては、「安値受注で利益が出ているとは思えない」と指摘した。檜垣社長は、LNG船は船価が揺り戻しなどで上がる可能性があるとし、… 続きはログインしてください。

残り:772文字/全文:967文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む