印刷 2019年07月19日デイリー版3面

横浜港/ヒアリ1200個体を山下埠頭で確認

 横浜市港湾局は18日、横浜港の山下埠頭に運ばれたコンテナから16日に確認されたアリ、約1200個体が、環境省の調査で特定外来生物のヒアリと確認されたと発表した。当該コンテナは閉鎖し、今後薫蒸処理を行う予定。処理後は事業者も立ち会い、当該貨物にヒアリが生き残っていないか確認する。当該コンテナを載せたコンテナ船は、今月8日に中国・厦門港を出港。11日に東京港に寄港後、12日に横浜港本牧埠頭に入… 続きはログインしてください。

残り:297文字/全文:494文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む