MOLwebinar0702_1
 印刷 2019年07月19日デイリー版2面

内航元請け5月実績/貨物船2カ月連続減。黒油2割マイナス、雑貨・自動車は2桁増

 日本内航海運組合総連合会がまとめた主要元請けオペレーター(運航船社)60社などの5月の輸送実績は、貨物船が1732万4000トンで前年同月比3%減だった。鉄鋼やセメント、原料などが減少した一方、雑貨や自動車は10%増と健闘した。油送船は8%減の915万8000キロリットル。主要貨物の黒油が21%減と大きく落ち込んだほか、白油も3%減とマイナスが続いている。貨物船は、4月に昨年9月以来7カ月… 続きはログインしてください。

残り:883文字/全文:1078文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む