印刷 2019年07月19日デイリー版1面

キプロスFSRU商談/日韓企業連合1次通過。商船三井・大ガス・サムスン物産など

 キプロス政府系の天然ガス会社が進めるFSRU(浮体式LNG〈液化天然ガス〉貯蔵・再ガス化設備)の調達商談で、商船三井と大阪ガスが参加するコンソーシアムを含む3つの企業連合が1次審査を通過した。今年の秋ごろまでには結果が出る模様だ。同国のLNG輸入ターミナルプロジェクトを主導するナチュラルガス・パブリック・カンパニー・オブ・キプロス(DEFA)がこのほど、入札の1次審査を通過した3つの企業連… 続きはログインしてください。

残り:509文字/全文:702文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む