印刷 2019年07月19日デイリー版1面

商船三井近海/ミャンマー向けレール輸送受注、伊藤忠丸紅鉄鋼・住商から。今月開始

 商船三井近海(永田健一社長)は、伊藤忠丸紅鉄鋼と住友商事からミャンマー国鉄の鉄道改修プロジェクト向けレール輸送を受注した。今月中旬から船積みを開始し、ヤンゴン-マンダレー鉄道(全長620キロメートル)南区間の改修用に日本製レールをミャンマー・ヤンゴン港に輸送。商船三井近海はレール輸送に最適なロングハッチ多目的船、通称「レールフィット」船型22隻の潤沢な船隊を擁しており、独自開発の荷役設備を含め、… 続きはログインしてください。

残り:1437文字/全文:1633文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む