2019 日本コンテナ航路一覧
電子版6つのNEW top01
 印刷 2019年07月20日別版特集1面

海の日特集・海運・造船編】エネルギー市場に挑む/「海の日」にナショナルセキュリティーを考える

シンガポール沖に停泊する船群
シンガポール沖に停泊する船群

 「海の日」は海洋国家・日本を見つめ直す年に一度の祝日である。

 資源エネルギーの9割以上を海外に依存する日本にとって、海上輸送、船舶の安全は国家安全保障上、重要な分野である。折しも米国とイランの緊張関係の高まりに伴い、ホルムズ海峡の安全性が問われている。

 本特集では、われわれの生活を支える日本の外航海運、造船、内航、行政の日々の取り組みを紹介。さらに特別対談「海洋・海運国家日本の将来を語る」として日本財団の笹川陽平会長、全日本海員組合の森田保己組合長に、日本を取り巻くナショナルセキュリティーの問題、海洋教育の拡充と次世代へのメッセージなど、さまざまなテーマについて語り合ってもらった。

 海の日に当たって、本特集では日本の海運・造船業界を幅広く俯瞰(ふかん)したい。