印刷 2019年07月18日デイリー版2面

内航総連/5月期認定29隻。7月期は20日締め切り

 日本内航海運組合総連合会は先週開いた理事会で、暫定措置事業規程に基づく2019年5月期建造申請について、組合員(事業者)から応募があった29隻・5万5100対象トン(貨物船・重量トン、油送船・立方メートル、曳船・馬力など)を認定した。1万総トン以上の大型のROROタイプの一般貨物船は、福寿船舶と北星海運が1隻ずつ申請していた船も認定された。今月1日に受け付けを開始した7月期建造申請は20日で締め… 続きはログインしてください。

残り:362文字/全文:558文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む