印刷 2019年07月18日デイリー版2面

JMU/イージス艦「はぐろ」進水。弾道ミサイル防衛機能強化

 ジャパンマリンユナイテッド(JMU)は17日、弾道ミサイル防衛(BMD)能力を持つ防衛省向けイージス・システム搭載護衛艦(基準排水量8、200トン)の命名・進水式を横浜事業所磯子工場(横浜市磯子区)で開いた。海上自衛隊が運用するイージス艦としては8隻目で、「はぐろ」と命名。艤装や海上公試を行った後、2021年3月就役を予定する。海自は弾道ミサイルから日本全体をカバーするため、4つの護衛隊群… 続きはログインしてください。

残り:775文字/全文:964文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む