印刷 2019年07月18日デイリー版1面

井本商運/トレードレンズに参画。貿易手続き効率化、国内の内航船社で初

 井本商運(神戸市、井本隆之社長)は17日、マースクとIT大手IBMが共同開発する物流情報プラットフォーム(PF)「トレードレンズ」に参画すると発表した。これにより、マースクや同PFに参画する他の外航船社とも連携を図っていく。貿易関係の手続きなどで情報共有や効率化を進めるのが狙いで、国内の内航船社としてトレードレンズへの参画は初めて。トレードレンズはブロックチェーン(分散型台帳)技術をベース… 続きはログインしてください。

残り:714文字/全文:905文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む