2019 日本コンテナ航路一覧
電子版6つのNEW top03
 印刷 2019年07月18日デイリー版3面

キユーピー・サンスター・JPR/異業種で共同モーダルシフト。阪九フェリー活用。輸送・積載効率を最大化

表・グラフ

 キユーピーとサンスター、日本パレットレンタル(JPR)は18日、関西-九州間でトラックと船舶を組み合わせた共同輸送を始める。阪九フェリーを活用し、個別に行ってきたトラック輸送を共同でモーダルシフト。CO2(二酸化炭素)排出量を65%削減し、トレーラーの実車率も約99%に高める。長距離の陸送がなくなることで、ドライバーの稼働時間も年間2256時間削減できる見通しだ。業種を超えた共同輸送により、積載効率も最大化する。

 輸送の全工程は関光汽船(入谷一成社長)が手配する。キユーピー、サンスター、JPRが17日に発表した。

 関西から九州向けにはキユーピーのマヨネーズやドレッシングなど調味料と、サンスターの歯磨きや歯ブラシなどオーラルケア製品をトレーラーに混載して輸送する。九州から関西には帰り荷としてJPRの輸送用レンタルパレットを積載し、輸送効率を引き上げる。幹線輸送に阪九フェリーを活用する(図)。

 容積のわりに重い「重量勝ち」するキユーピーの調味料と、その反対の「容積勝ち」するサンスターのオーラルケア製品を組み合わせて輸送し、コンテナ内の空間を有効活用。より多くの貨物を輸送できるようになる。以前はそれぞれが手配していた10トン車を20トンの13メートルセミトレーラーに変更し、満載にする。貨物によっては積載率は重量で約90%、容積では約84%に向上する。

 キユーピーの神戸市の工場、サンスターの関西と福岡の物流拠点、キユーソー流通システム(KRS)の九州のデポ、JPRの九州のデポと3社の拠点を効率的に回るため、総移動距離1169キロメートルのうち、トレーラーの空車走行はわずか7キロメートルとなる。

 3社は昨年11月に共同輸送の検討を開始。1-6月に試験輸送を行っていた。

 キユーピーは昨年8月から、ライオン、JPRと共同モーダルシフトを行っている。異業種との物流連携としては、それに続く取り組みとなる。また、同社は繁忙期を中心に、卸の協力を得て商品の受注翌々日配送や検品の簡素化に取り組むなど物流業界の課題解決に力を入れている。

 サンスターは物流の観点から、省エネルギー、廃棄物削減などの環境負荷低減、労働環境に関する課題解決に取り組む。