印刷 2019年07月18日デイリー版3面

キユーピー・サンスター・JPR/異業種で共同モーダルシフト。阪九フェリー活用。輸送・積載効率を最大化

 キユーピーとサンスター、日本パレットレンタル(JPR)は18日、関西-九州間でトラックと船舶を組み合わせた共同輸送を始める。阪九フェリーを活用し、個別に行ってきたトラック輸送を共同でモーダルシフト。CO2(二酸化炭素)排出量を65%削減し、トレーラーの実車率も約99%に高める。長距離の陸送がなくなることで、ドライバーの稼働時間も年間2256時間削減できる見通しだ。業種を超えた共同輸送により、積載… 続きはログインしてください。

残り:746文字/全文:942文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む