印刷 2019年07月17日デイリー版4面

海保庁/日露海上警備機関長官級会合、不法防止へ意見交換。モスクワで17日

 海上保安庁は17日、ロシアのモスクワで同国国境警備局と長官級会合を開く。日本側は岩並秀一長官、ロシア側はクリショフ長官が参加。密輸・密航といった不法活動の取り締まりなどに関して、両機関のこれまでの協力関係について評価するとともに、今後の連携・協力の方向性について意見交換する。今回の長官級会合は3年連続15回目。海保庁は、2000年9月にロシア国境警備庁(当時)との間で協力の発展の基盤に関す… 続きはログインしてください。

残り:220文字/全文:415文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む