2019 日本コンテナ航路一覧
電子版6つのNEW top01
 印刷 2019年07月17日デイリー版2面

商船三井/自動車船を見学。海の日、親子連れ600人

操舵スタンドの上に設置されたマグネットコンパスの説明を受ける子供たち
操舵スタンドの上に設置されたマグネットコンパスの説明を受ける子供たち

 商船三井は15日、東京港晴海埠頭で家族連れを対象に、ハイブリッド自動車船「エメラルド・エース」(約6400台積み)の見学会を開いた。「海の日」行事「海と日本プロジェクトin晴海」の一環で、日本船主協会の協力を得て実施した。当日は、抽選で選ばれた小中学生の親子ら約600人が参加した。(1面参照)

 「エメラルド・エース」のブリッジに到着した参加者らは、目を輝かせながらECDIS(電子海図表示装置)やレーダーなど航海機器について船員に質問したり、左右のウイングから東京港の景色を眺めたりと、めったに乗ることができない自動車船の中を楽しんでいた。

 特に中央に置かれた操舵スタンドは大人気で、多くの子供たちが舵輪を握りながら笑顔で記念撮影を行っていた。

 カーゴデッキでは商船三井グループの港湾物流会社の宇徳による自動車の積み付け実演があり、10センチメートル幅できれいに並べるプロフェッショナルの技に見学者たちは見入っていた。

 商船三井の安全運航本部長を務める加藤雅徳常務執行役員は、報道陣へのあいさつで「日本で生活をする上で、船での輸送が非常に大事だということを多くの方々に知ってほしい。海運が日本国民にとって、どのような位置にあるのかということを、少しでも伝えていきたい」と語った。

 「エメラルド・エース」は三菱重工業神戸造船所(神戸市)が建造した最後の商船で、2012年6月に竣工した。港内停泊中のゼロエミッションを目指し、最上部のガレージトップには太陽光発電パネルを設置している。

 晴海埠頭では同船のほか、アイドルグループSTU48の劇場船「STU48号」や海上保安庁の巡視船「いず」、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の研究船「白鳳丸」が公開され、終日多くの船舶ファンでにぎわった。