新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年07月12日デイリー版4面

クラークソン予測/SOx規制の影響、20年タンカー需要3%増。スクラバー工事で1%不稼働

 英国海運調査大手クラークソンズ・リサーチは8日、2019年上期版の海運リポートを発表した。SOX(硫黄酸化物)規制の影響として20年にタンカー需要が最大3%と増加すると予想。スクラバー(排ガス浄化装置)を巡っては今年、レトロフィット(既存船の改造)工事により、最大1%の船腹の不稼働を見込んでいる。一方、19年通期のトレードの伸び予想は2・2%(従来予想は3・2%)に下方修正。米中貿易戦争や… 続きはログインしてください。

残り:185文字/全文:360文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む