新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年07月12日デイリー版1面

中東沖の有志連合構想/どうなる「護衛対象」。定義・範囲、政府対応を注視

 トランプ米政権が日本を含む関係国に、中東沖を航行する民間商船の護衛のために有志連合の結成を呼び掛けている動きを受け、海運業界からは護衛対象の定義・範囲に注目が集まっている。米国は各国に「自国の船舶」を守ることを要請しているが、仮に日本から自衛隊が派遣される場合、護衛対象が日本籍船になるのか、外国籍船(FOC〈便宜置籍〉船)も含めた日本商船隊全体になるのか-でその規模が大きく変わってくる。海運関係… 続きはログインしてください。

残り:1229文字/全文:1427文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む