シップオーナーズ・フォーラム2019
 印刷 2019年07月12日デイリー版1面

インタビュー 星港から世界へ―邦船大手の不定期船拠点】(中):NYKバルクシップ・アジアマネジングディレクター・岸剛史氏/中国出し「再生油」注目(その1)

 --NYKバルクシップ・アジアの現在の事業体制は。「当社の事業は『自主運航部門』と『本社営業REP部門』に分かれる。自主運航部門はMR(ミディアムレンジ)型プロダクト船10隻、メタノール船3隻、ポストパナマックスバルカー4隻の営業、運航を担っている」 「一方、本社営業REP部門は、東京本社の方針に沿い、シンガポールを拠点に将来の荷動き伸長が見込まれる東南アジアでの既存船の集荷に加えて、… 続きはログインしてください。

残り:1442文字/全文:1635文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む