新時代のLNG船ビジネス
 印刷 2019年07月12日デイリー版1面

バンカー価格/中東リスク、星港470ドルに上昇

 バンカー(船舶用燃料油)価格が上昇している。リム情報開発によると、10日付シンガポール市場の舶用C重油(380CST品種)価格は、前日比23ドル高のトン当たり470ドル。6月中旬のホルムズ海峡でのタンカー攻撃以降、中東の地政学リスクが高まり原油価格が上昇。一部の船社は中東フジャイラでの補油を避け、シンガポールでの燃油調達を集中させているようだ。足元のシンガポールのC重油価格は、ホルムズ海峡… 続きはログインしてください。

残り:228文字/全文:421文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む