電子版6つのNEW
 印刷 2019年07月12日デイリー版3面

現代グロービス/印に追加拠点。デリーとムンバイ

 韓国・現代自動車の物流子会社、現代グロービスはこのほど、インド北部デリーと西部ムンバイに営業拠点を開設した。既存の東南部チェンナイ、内陸部アナンタプルに続く拠点で、インドでの物流事業を強化する。

 現代グロービスはインドで完成車輸送、自動車部品輸送、一般貨物輸送、輸出入物流の4事業を展開。完成車輸送では、デリー、ムンバイで生産工場を運営する完成車メーカーを対象に営業活動を行い、非系列会社の新規荷主を開拓する。

 自動車部品輸送では、特に成長が続く補修部品の輸送需要取り込みを強化。食品や電化製品など、一般貨物輸送にも参入し、3PL(物流一括受託)の比率を高めていく。

 デリー、ムンバイではインド進出の韓国製造業を中心に、輸出入貨物の営業を強化する。特にムンバイ・ナバシェバ港を中心に、荷役・通関・保管・輸送までの一貫物流システムを構築する。